今夜も!家飲み居酒屋

毎晩夫婦二人で家飲み!ワイン、日本酒、焼酎、紹興酒なんでもありの居酒屋です。超簡単料理も少し手の込んだお料理まで、一緒に楽しんでください!

尾道の2日目は生口島。しまなみ海道をバスで渡るか船で行くか。バスだと片道2,200円で、だと観光船でないためか800円で断然お得ですしかもバスだと東側の高速のパーキングエリアで下されてしまうので不便です。そしてこの選択はとても良かったです。お天気が良かったのもありますが、瀬戸内海がとても奇麗で、"島から島へと〜"とつい歌いだしたくなります。実際歌ってしまいました。尾道〜瀬戸田港クルージングは最高でした。船長もとても気さくな人で、瀬戸内海のことを色々話してくれました。
 瀬戸田に着いて、まず向かったのが桜の名所となっている耕三寺。が咲いていなかったことに加え、1200円の入場料でやめました。平山郁夫美術館は暖かい昼間より陽が少し傾いて寒くなってからにしようと決めたので、さてそれまでどこに行こうか,,,。幸い近くに観光案内所があったので、バスでどこに行けるか聞きに行くと、あるじゃないですか。東回り、西回りの路線が。姉が数十年前に来た時に「ひっこりひょうたん島」のモデルになった浮島がもう一度見たいけれどどこだったかは思い出せないし、島の地図にも場所が書いていないんです。でも島を一周すれば必ず見られるはず。20分後に来たバスに乗り込み運転手さんに「ひっよこりひょうたん島はどこにあるんですか?」と聞くと「すぐ前にあるあれのことですか?」と,,,。よーく見ると瀬戸田港の少し先にそれらしい小さな島が、確かにひょうたんの形をしていました。やったー!島でレンタサイクルを借りて回ることもできるのですが、この季節、この日は少し寒すぎました。1時間強の路線でゆっくり島内巡りは530円でした!
最初のバス停に戻り向上寺に行こうと探していると、道で話している島のおばさんが「向上寺に行きたいのならー ついてきなさい!」と早足で歩き始めたのであわててついて行きます。途中まで案内してくれるのかと思いきや、どんどん坂道を登り始め、お墓の中を通って(本当に足が速い人です)「ほらここがそうや」。写真を2,3枚撮っていると、「さあ行くよ!平山郁夫の生家(下写真の家ですが、観光地図には書いてありません)はもう見たのか?」「え!そんなのがあるんですか?」と早足で話しながらついて行きます。この方、道に迷った人のガイドを良くしているそうです。島の裏道を通り、ガイドしていただきありがとうございました
 平山郁夫美術館も2度目でしたが、前回と違う絵も多数ありました。また先ほどみた向上寺から見た景色が描かれていて、その中にひょうたん島もありました。
 島で最初に買ったのはメンチコロッケ。有名人も食べに来たと書いてありましたが、揚げたてホクホクで美味しかったです。お勧めお土産は島のそのケーキ屋向栄堂さんが作っているレモンケーキです。ロールケーキもあったのですが、大きかったので買わずに来たら、やはりこのロールケーキが抜群に美味しかったと姉たちが言っていました。昨日に続き残念
 夜は尾道に戻り、昨夜込んでいたお店に。和食ではなくバーのようなレストランに行くことに決めました。ホテルでもらったグルメマップに名前がなくて思い出せないのですが、写真の大皿料理はチキン、豚ロース、ローストビーフ、野菜と色々なものがあり、食べでもありました。
m-DSCF5867m-DSCF5853m-DSCF5863  平山郁夫 生家m-DSCF5870m-DSCF5869m-DSCF5868m-DSCF5913

 28日から2泊3日、3姉妹で広島の尾道に旅行に行ってきました。東京は寒く、天気が悪かったようですが、尾道は寒くはありましたが天気は上々でした。
 1日目は東京から福山まで新幹線で。福山で途中下車してランチタイム。駅ビルの中のお蕎麦屋さんに決めました。お蕎麦はしっかりしていて、上に乗っていた海老手天ぷらはぴっりぷっりで美味しかった!(お腹がすいていたためすぐに食べてしまい、写真は外の模型となってしまいました)
 その後荷物を300円のコインロッカーに荷物を詰め込み、鞆の浦に。28日は日曜日だったためボンネットバスで行くことに。乗客は私たち3人だけ、乗るときにおじさんんが色々話しかけてきました。さらにバスの中でもしっかりガイドをしてくれます。この不思議なおじさん、実はバスガイドだったんです運転手もベテランで、運転を見ているだけでも楽しいです。このバスはあまり知られていないようですが、昔のバスがそのまま整備されて運行しています。めちゃくちゃ古いのですが、しっかり走って、スピードも出ます土日祭往復で8回のみの運行です。運賃は路線バスと同じ530円で、途中は停まりません。バスファンの方必見です
 鞆の浦は今話題の坂本竜馬ゆかりの地で、竜馬との関係のある場所や展示が紹介されています。またここは、宮崎駿監督「崖の上のポニョ」のモデルになったともいわれている常夜灯のある港。今道路開発で問題になっている場所でもあります。
 この町全体が昔の面影をとても残していて、脇道を入るとタイムスリップしそうな場所です。ここから仙酔島に渡るために船着場に行くと、おばあちゃんがきれな赤いくちばしと青いからだの線、透明な身のサオリの目刺しを作っていました。話を聞くと、朝に漁師が持ってきたものを塩水プラス何かを入れた水につけてから目刺しにして一夜干しにしているそうです。でも"プラス何か"は教えられないそうです。企業秘密なのですね
 鞆の浦には保命酒という独自のお酒がありました。沢山の薬草を入れて作ったお酒だそうです。飲むと確かに薬のような味がしますが、決していやな味ではありません。4社のメーカーがあるそうですが、その中の鞆酒造のものを買ってきました。ここの店舗は決して大きくないのですが、店の床に昔から埋め込まれた水カメがあり、その中にオタマジャクシが泳いでいました。もう5年も生きているのもいるそうで、毎年増えているとのこと。そんな優しいいお店にひかれました
 バスガイドさんに教えてもらった場所で売っているさつま揚げもしっかり買ってきました。本当は竹輪が美味しかったらしいのですが、それは買いそびれてしまいました。残念。
 夜は尾道のホテルに。駅から3分、船着場のすぐ横のグリーンヒルです。
さてさて、今夜は何を食べましょうか。ホテルでもらったグルメマップで3軒ほど見てから、花あかりに決めました。刺身・天ぷら定食を注文したらこんなに豪華でした!
 あーー大満足の一日でした。


m-DSCF5825m-DSCF5832m-DSCF5914m-DSCF5849m-DSCF5846m-DSCF5850m-DSCF5915

このページのトップヘ