今夜も!家飲み居酒屋

毎晩夫婦二人で家飲み!ワイン、日本酒、焼酎、紹興酒なんでもありの居酒屋です。超簡単料理も少し手の込んだお料理まで、一緒に楽しんでください!

「最近お料理ブログでなくなっている」とソムリエさんから一言。
分かっていますって。でもブログは自分が楽しかったこと伝えたいことが書けるのが良いのですから。
 4月に入ると初カツオが店頭に出始めます。以前は5月頃だったような気がしますが、少しずつ早くなって、いつの間にここまで来ています。でも今回はトロカツオにしました。初カツオはこれから本番、たっぷり食べられるはず。トロカツオはいつ出るかわからず、いつも美味しそうなものがあるとは限りません。今回は結構よさそうなので決定
 メニューはカツオ、豚冷しゃぶ、ウナギ白焼き、温豆腐、カボチャの煮物、太巻き。
 カツオは切ったものしかなかったの仕方ありませんが、やはり柵取りの方が断然美味しいです
これから暑くなると豚、鶏、牛肉を使った冷しゃぶ料理が多くなると思います。野菜を敷いた上にゆでた肉を乗せるだけという超簡単料理こんな簡単料理ほど手抜きに見せない技を。1、野菜は種類を多くする(野菜室にあるもの、今回はサニーレタス、きゅうり、みず菜、トマト、シソ、みょうがでした。)2、大皿を使う(これはどんなお料理にも言えることですが、大皿を使うだけで豪華に見えます)3、ドレッシングは必ずしも自分で作らなくても大丈夫!冷蔵庫にごまだれが残っていたので、それに豆板醤、長ネギのみじん切り、生姜のすりおろしを入れました。お子様がいて辛いのはダメな時はマヨネーズを加えれば良いです。大人用と子供用と分けて作っても良いですね。ごまだれがない時はポン酢に、もみじおろしや一味唐辛子、すりごま、生姜などを入れてるも美味しいです。作り置きもできるので、お客様の時にもどうぞ
 アボカドが残っていたので、太巻きを作りました。1合で2本、アボカド、きゅうり、サーモン、卵焼き、サニーレタスを巻きました。少し味を変えるために1本はマヨネーズを入れてあります。
 ウナギの白焼きはゆず胡椒で。
 日本酒を久々に菊水の辛口にしてみましたが、やはり一の蔵の方がお米の味がして美味しいかったです
m-DSCF5974m-DSCF5972m-DSCF5973m-DSCF5975m-DSCF5976m-DSCF5977m-DSCF5971

 4月5日、年に1度一夜限りのの宴、野川のライトアップがありました。ここ5年は必ず行っています。その日(今回は2日前でした)にならないと分からないこのお花見、今回は平日なので人出がすくないと思いきや、相変わらずのすごい混雑でした。この混雑は分かっていてもでも見たい!そんなライトアップです。この日はとても温かく、は満開でお花見には絶好の夜、時折風が吹くと花びらがまるで雪のようにライトの中で白く輝きます。 去年もこの素晴らしさをこのブログで伝えたので、とにかく今年の写真をごらんください!4枚目は右下のライト、5枚目は桜の枝先を照らしている小さなライトに注目演出はとても細かいです
 
 ソムリエさんはこの夜はお仕事。帰りは9時半なのでライトアップは見られません。そんなソムリエさんのためにhimeは夕食を準備しなくてはいけません。桜を見に行ったのが7時半、川の両側の桜を見終わると8時半でした。でも大丈夫それを見越して最初に鮨松に電話をして、サバの棒寿司を1本頼んでおきました。さすがぐーたら主婦
 この夜ソムリエさんのメニューは、鶏の照り焼き、カボチャのサラダ、さつま揚げの大根おろし添え、ワカメとシラスの酢の物、サバの棒寿司。
照り焼きは鶏もも肉1枚の皮の方をフォークで数か所穴をあけ、フライパンで皮のほうから焼き、焦げ目がついたら反対側も同じくらい焼きます。たれ(酒大2、砂糖大1、みりん大1、醤油大2)を入れて照りが出るまで焼けばおしまい。超簡単ですねー
サバの棒寿司、以前にもお勧めしたかも知れませんが、1050円でこのお味は絶対試したいところです。その辺のテイクアウトのお寿司を買ってもその位のお値段だと思いますが、味が全く違います。それに時間を言っておけば作りたてを買えますから、お・と・く 1時間の夜桜見物と30分の自転車で喉はカラカラ!ビールが美味しい
m-DSCF5958m-DSCF5953m-DSCF5948m-DSCF5951m-DSCF5952m-DSCF5966m-DSCF5967m-DSCF5968m-DSCF5969m-DSCF5965

このページのトップヘ