カツオのたたき(二人前)
 m-DSCF6410材料:カツオ4分の1(背でも腹でも良いのですが、皮つき)、玉ねぎ2分の1個、シソの葉3枚、みょうが1個、小ネギ2本、生姜1かけ、にんにく1かけ、ごま油大1弱、ポン酢適宜
 作り方:1)玉ねぎは薄切りにして、15分ほど水につける。2)シソの葉とみょうがは細切りにする。3)生姜はすりおろし、にんにくは薄切り、小ネギは3ミリ幅に切る。4)玉ねぎの水を切り、ペーパータオルでしっかり水分を取り、シソの葉・みょうがと合わせてから皿に盛る。5)あれば保冷剤の大きなもの(氷枕でも)とキッチンペパーを氷水に入れてたものを用意しておく。6)カツオが入る程度の平なフライパンにごま油を入れ、にんにくを弱火でほんの少し色ずくまで揚げて取り出す。7)フライパンをそのままにして、中火強にして、皮の方からかつお入れて、面を変えながら全体の色が変わるようにさっと焼く(全部で1分ほど)。8)氷水からペーパーを出し、しっかり絞ったらカツオを包み、保冷剤の上で冷ます。9)冷めたカツオを1?幅に切り、玉ねぎの上に盛る。10)ポン酢を全体にかけて、カツオの上に揚げたニンニクとショウガのすりおろしを乗せる。

 皮つきのカツオがあったのでたたきにしました。ぐーたらの家はオール電化住宅で、調理器具もIH。チャーハンでフライパンを振ったり、カツオを串にさして表面をさっと焼くことは出来ません。去年はグリルでたたきを作ってみたのですが、火が入り過ぎます。そして今回はフライパンで作ってみました。火であぶったものとは違いますが、味は結構 玉ねぎの水分をよく取ること、カツオを氷水に取らずに冷ますことがポイントです。冷たいペーパータオルで巻くことで、ごま油はかなり取れます。
IH調理器は揚げものをする時でも、ペーパーを横に置いても大丈夫ですし、何より掃除がとても簡単なのが気に入っていますが、チャーハンやたたきなどの調理には不向きです。でも今回の作り方なら失敗なく出来ることが分かりました
メニューはカツオのたたき、ほうれん草と豚肉の炒め物、冷やしナス、イカとアスパラの胡麻マヨネーズ和え、大豆ハンバーグ(鎌倉小町)、枝豆、じゃこおにぎりと味噌汁でした。
お酒は勿論冷たい一の蔵です
m-DSCF6415m-DSCF6413m-DSCF6411m-DSCF6412m-DSCF6414m-DSCF6409