カボチャ詰めハンバーグ(二人前)
 m-DSCF6739材料:カボチャ1個(直径15センチほどのもの)、牛ひき肉100グラム、玉ねぎ小4分の1、バター小3、A{塩、胡椒、ナツメグ、卵半分、パン粉大1(牛乳でしっとりさせたもの)、ケチャップ小1}、とろけるチーズ適宜
 作り方:1)カボチャは横半分に切り、種とわたを取っり、レンジで4-5分加熱して柔らかくし、熱いうちにそれぞれの内側にバター小1、塩・胡椒で味を付ける。2)玉ねぎはみじん切りにしてバター小1を使い、弱火でゆっくり炒める。3)ひき肉は手で良くこね、柔らかくしてからAと冷めた玉ねぎを入れ、さらにこねてからカボチャの中に詰める。4)肉の上にチーズを乗せて、オーブンで約15分ほど焼く。途中焦げそうなら上にアルミホイルをかけて、肉に火が通るまで焼いてください。

  地場野菜売り場に直径15センチほどの小さなカボチャがありました。今夜はハンバーグ系の料理が良いと言われて、焼きナスの上に乗せようと考えていたのですが、このカボチャに詰めることに決定カボチャが好きな方にはぜひお勧め小さなカボチャがない場合は、小口に切ったカボチャに下味をつけてから、平らで丸い型にして、上にハンバーグを乗せたらどうでしょう。小さなカボチャの中に詰められる肉の量は少しです。ぐーたらも200グラムのハンバーグ種を作ったので、残りはハンバーガー用に形成して冷凍しました。肉食系の方は一人2個は必要かも
「UFOズッキーニ(UFOの形をしたもの)でも良いね!」とソムリエさんと二人同じことを考えていました
 グリーン野菜のグリルはきゅうり・ズッキーニ・ししとう・ゴーヤ・パプリカ・オクラをグリルで焼き、熱いうちにクレイジーソルトを振り、白ワインビネガー・胡椒・オリーブオイル・エシャロット(今回なかったので玉ねぎで代用)のみじん切りを加えたドレッシングであえたものです。野菜は何でもです!ししとうの辛味、ゴーヤの苦味は大切なスパイスになるのでなるべく入れてみてください。
 メニューはカボチャ詰めハンバーグ、グリーン野菜グリル、 生ハムメロンとカマンベールチーズのフライ、トマトの蜂蜜玉ねぎドレッシング、アボカドとサーモンのマリネ、レバーペースト(生活クラブ生協)とブラックペッパークラッカー・パン2種。

 ワインは ザ・ダーク・サイド カベルネソーヴィニヨン 2007
 
m-DSCF6732m-DSCF6733m-DSCF6735m-DSCF6738m-DSCF6734m-DSCF6737m-DSCF6731