イカのワタ焼き
m-DSCF6919 材料:イカ1杯、にんにく・生姜みじん切り各小1、玉ねぎみじん切り大2、パセリみじん切り大2、鷹の爪半分、白ワインまたは酒・レモン汁各大1・醤油小1、塩・胡椒各適宜、オリーブオイル大1、
 作り方:1)ニンニク・生姜・玉ねぎはみじん切り、鷹の爪は種を取って細かい輪切りにする。2)イカはワタをつぶさないように、同体とつながっている部分を手ではがし、そっとワタを抜きます。3)同体は1センチ幅の筒切り、足は吸盤を取り3,4センチに、エンペラも1センチ幅に切ります。4)ワタは縦に包丁で切り目を入れ、スプーンで中身を取り出す。5)フライパンにオリーブオイル、にんにく、生姜鷹の爪を入れ弱火で炒め、香りが出たら玉ねぎも炒める。6)玉ねぎが透き通ってきたら、イカを入れる。7)イカの色が白くなったら、ワタ全部とパセリのみじん切りの半量を入れる。8)白ワイン・レモン汁・醤油を入れ、最後に塩・胡椒で味を調える。9)皿に盛ったら、残りのパセリを上に乗せる。

 この料理はたぶんマレーシアで食べたいか焼きと同じ料理だと思います(どんな味だったか思い出せないのに)。酷暑の中、食べたいと思う料理は暑い国の食べ物が多いかしら?カレーなどのスパイスの利いた。この料理もその一つ。
イカは刺身用でなくても大丈夫。今日は1杯97円!安くておいしい酒のつまみ、出来上がり
 もう9月に近いと言うのに、まだこの暑さ一体どうなっているのと叫びながら今日も片手に乾杯!
メニューは焼き鶏、イカのワタ焼き、ゴーヤとツナのチャンプル、きゅうりとみょうがの漬物、生落花生の茹でたもの、枝豆、シメはそうめん(薬味はみょうが、生姜、小ネギ、シソの葉、ごま)でした。

m-DSCF6920m-DSCF6918m-DSCF6917m-DSCF6921m-DSCF6916m-DSCF6915m-DSCF6922