「今夜は何(食事・お酒)がよい?」といつものパターンでソムリエさんに聞くと、「白ワインにしようか」との答えが。メニューを考えて、キノコのクリームスパと焼き野菜サラダにしようかなーと思っていたところに… 「スープスパゲッティーってあるかな〜」  「はあ〜」  「ラーメンみたいにスープの中にスパゲッティーが入っているやつ」  「あは〜そんなのも確かに有りかも知れないけれど…クリームスパでなくてね…」
スープスープスープ…と考えて思い浮かんだのが"フォー"あのスープにスパゲッティーを入れるとどうなるか…。とりあえず作ってみることに
そして出来上がのがこれ

  スープスパゲッティー(二人分)
 m-DSCF7161材料:スパゲッティー(1.4ミリ)180グラム、海老6尾、香草(パクチー)2枝、セロリの葉の部分1株分、鷹の爪半分、にんにく小1かけ、チキンスープ600CC、ナンプラー小1、オリーブオイル大2、塩・胡椒適宜
 作り方:1)エビは殻をむいて、片栗粉と水でもむようにして汚れを落としてから水でしっかり洗っておく。2)セロリの葉と香草の葉の部分を摘んでおく。3)にんにくはすりおろし。4)フライパンにオリーブオイル大1を入れニンニクと高の爪を弱火で炒める。5)香りが出てきたらエビを入れる。6)エビの表面は白くなったら、スープセロリの葉と香草の茎を入れる。7)葉と茎を取り出して、ナンプラーを入れ、塩・胡椒で味を調え火を止める。8)たっぷりのお湯に塩を多めに入れ、スパゲッティーを表示より1-2分短い時間で茹でる。9)芯が残った状態のスパゲッティーをスープに入れ少し煮込んで、最後に香草の葉の部分とオリーブオイルを入れる。

 今回はスパゲッティーを冷やしてからスープに入れたのが間違いでした。スープはかなり美味しいと思いますが、パスタに味が入らなかった…。改良点はスパゲッティーは固茹でにして、スープの中でちょうど良い固さに仕上げれば、きっともっと美味しいはずです
これだったらフォーの方が良いですか

 虫さんに食べられて茎だけが残っていたバジルが復活たっぷり葉をつけましたまた虫さんにやられる前に食べなくては焼き野菜(すべてグリルで焼いてみました)は温野菜サラダと同じドレッシングにしましたが、塩で食べた方がより野菜の甘みを感じられたかも…。食材って焼く、茹でる、蒸すで全く違う食感、味になりますね〜今夜は野菜ステーキでした。
 メニューは前菜(トマト・バジル・モッツアレラチーズ、キュウイフルーツとクリームチーズ。リンゴとハム、アボカドのクリームマヨネーズ乗せ)、鯛のカルパッチョ、焼き野菜サラダ、鶏肉の煮込み、スープスパゲッティー。
ワインは マルキド・ボーラン シャルドネ 2009
m-DSCF7158m-DSCF7159m-DSCF7155m-DSCF7160m-DSCF7157m-DSCF7154

 ぐーたらはお茶会があり、朝から着物を着てお出かけした。いつもはゆっくり朝寝坊が、早起して(6時起きなので実は特別早くありません)着物を着て、1時間電車に乗って会場に9時いつもはこれから朝ごはんのはず…
今月はこのパターンがもう一回楽しいお茶会なのですが、ぐーたら朝起きが一番つらい

 今ソムリエさんに、ワインを注文しています。赤でパスタに合う軽口のイタリアワインどんなワインが選ばれるか、今から楽しみ〜