カボチャとサツマイモとりんごのサラダ(二人分)
 m-DSCF7181材料:カボチャ150グラム、さつまいも100グラム、リンゴ半分、アーモンドプードル(アーモンドの粉)小1、レーズン大1、バター小1、マヨネーズ大2、生クリーム大1、レモン汁大1、塩・胡椒各適宜
作り方:1)カボチャは2-3センチ角に切って、レンジで2分30秒加熱する。2)サツマイモも同じ大きさに切ってレンジで2分30秒加熱し、カボチャと合わせてバター小1で和えておく。3)リンゴもほぼ同じ大きさに切り、薄い塩水につけておく。4)マヨネーズ・アーモンドプードル、生クリーム、レモン汁、塩、胡椒で味を調えマヨネーズソースをつくる。5)マヨネーズソースにカボチャ・サツマイモ・リンゴ・レーズンを入れて和える。

 ぐーたらは買い忘れてしまったのですが、もしスライスアーモンドがあればぜひトッピングしてください。アーモンドプードルはオプションです。野菜も分量を書きましたが、全然気にしなくてです

  アスパラ・ベーコン・チーズの春巻き(二人分)
 材料:アスパラ4本、ベーコン2枚(ハーフなら4枚)、チーズ(どんなものでもです)適宜、春巻きの皮4枚、サラダ油少し
 m-DSCF7187作り方:1)アスパラは半分に切る。2)春巻きの皮にベーコン・アスパラチーズを乗せて巻く。3)巻いた春巻きの表面に刷毛でサラダオイルを塗る。4)オーブントースターで5分焼く(途中でひっくり返す)。

夏ぶとり気味のぐーたら、春巻きは油を吸ってカロリーが高くなるので、今回は油を刷毛で塗って焼くことで、カロリーを抑えました。でも十分パリッとします

 m-DSCF7185いっちゃんさんの「牛肉のギネス煮込み」にトライしたのですが、これが大誤算すね肉を圧力なべで煮込むつもりでしたが、小麦粉を入れたソースは圧力なべで加熱出来ません…。仕方なく圧力なべで肉を軟らかくし、別に玉ねぎと小麦粉を炒めたソースを作り、最後に合体させました

じつは村上信夫さん(元帝国ホテル料理長)の料理本に「フランドル風牛肉のビール煮」という料理があり、30年前に作ってみましたが、いまいちでした今回はギネス(黒ビール)ですが、同じビール煮を再度トライしました〜(実は黒ビールが残ってしまっている)。ビールの苦味が程よく残り、いつもの料理とは一味違う料理になり、今回は成功
 今、村上さんの本を出してみたら〜何とビールと黒砂糖を入れているので、黒ビールが正解

 牛肉のギネス煮込みの作り方は こちら
 
 メニューは牛肉のギネス煮込み、まぐろとアボカドのカルパッチョ、カボチャ・サツマイモ・りんごのサラダ、アスパラ・ベーコン・チーズの春巻き、パイナップルライス。

 ワインは  インクスポット ヴァン・ノワール 2005 
m-DSCF7180m-DSCF7188m-DSCF7182m-DSCF7189m-DSCF7179