初夏のような気候から、一変して寒い!
                   春は、こんな気温差が激しい日があります
                     お料理は、先週12日のもの
                  沼津で買ってきた桜エビを使ったパスタです


           桜エビとホタテのパスタ

p-DSCN5176

           ☆ 材料 (二人分) ☆
ボイル桜エビ70g、刺身用ホタテ小2個、山葵菜少し、黄パプリカ少し
パスタ(フェデリーニ)120g、アンチョビ1切れ、ニンニク1片
鷹の爪のみじん切り少し、オリーブオイル大3、塩・胡椒
           ☆ 作り方 ☆
1)ホタテは小さめに切っておく
 山葵菜は、食べやすい大きさに葉を摘んでおく
 黄パプリカは小さめの細切り
 アンチョビとニンニクはみじん切りにする
2)たっぷりのお湯に塩を加えてフェデリーニを
 茹で始める(表示より2分短く茹でる)
3)フライパンにオリーブオイル大2、アンチョビ、ニンニク、鷹の爪を
 入れて、弱火で香りが出るまで炒めてから、パプリカを加える
4)茹で上がったパスタを加えて、油が全体に回ったら
 桜エビを加えてから味見をする
5)塩と胡椒で味を整えてから、オリーブオイル大1を回しいれてから
 ホタテと山葵菜を加えて、火を止める

                  季節の桜エビをたっぷり使ったパスタ
                   ホタテと山葵菜を合わせてみました
               少し贅沢ですが、美味しいパスタに仕上がりました


           サーモンフライ、オレンジソース添え

p-DSCN5170

           軽く塩・胡椒したサーモンをフライにして
            少し前に紹介した、オレンジソースを添えて


           タコとトマトとセロリのマリネ

p-DSCN5173


           鯛のカルッパチョ

p-DSCN5172

              定番の山葵ドレッシングで


           南瓜とリンゴとモッツァレラチーズのサラダ

p-DSCN5174


           桜のハンペン

p-DSCN5171

            生協で買った、桜の葉入りの白身魚のすり身を焼いただけ


                   白、赤の後は泡のワインで
                 メトド・トラディショナル ブルット
             (クエバス・サントヨ)(スペイン・シャンパン製法)

p-DSCN5175


                   辛口の切れの良い、泡のワインで乾杯

p-DSCN5169


                旅行の時に、自宅用食材を色々買うのが楽しみ
                  今回は沼津で桜エビと鰤カマと尻尾
                 伊東で無農薬の夏みかんを買いました
                   傷がありますが、全部で200円

p-(20140412)01

                  夏みかんは綺麗なマーマレードに(右はリンゴジャム)

p-(20140412)06


                  素敵な週末をお過ごしください

                            
                   ご訪問ありがとうございました
                       ランキングに参加しています
                 応援(下のバナーを3つクリック)していただけたら
                       とても励みになります(o^∇^o)ノ
                          ↓  ↓  ↓
                 
              レシピブログに参加中♪   人気ブログランキングへ
 
                     Top Food Blog                              コメントを、お気軽に残してください
               ブログをお持ちの方には、ブログに訪問させていただきます
                    お持ちでない方には、ぐーたらのブログで
                      お返事させていただきます


*ピノ・ノワール主体の超掘り出し物シャンパン!
  深いコク、しっかりとした味わいの1本
  マルティヴェイ シャンパン ブリュット(シャスネ・ダルス)