21日(日曜日)は、久々に暑かった!
                  それでも朝夕の気温は、やっぱり秋
                 あちらこちらにピンクのコスモスが咲いていて
                   青い空とのコントラストがとても綺麗
                      気持ちの良い1日でした 

             ぐーたらにしては、効率的に仕上げた18日の夕食♡♡♡
                 
           鶏手羽元のレモン煮 

p-DSCN6680

          ☆ 材料 (二人分) ☆
鶏手羽元450g、コンソメスープ2c、小麦粉適量
A{ヨーグルト大2、塩・胡椒各適量、すりおろしニンニク小1、レモン果汁大1}
塩・胡椒各適量、レモン果汁大1、レモン半分、蜂蜜小1〜2、ブロッコリー少し
           ☆ 作り方 ☆
1)手羽元はAに漬け込んで、できれば30以上置く
 ブロッコリーは、塩茹でして冷水で色止めしておく
 レモンは薄切りにしておく
2)圧力鍋にコンソメスープを沸かして、1の手羽元に小麦粉をまぶし
 コンソメに入れ、沸騰したら15〜20分加圧して、自然に冷ます
3)圧力が下がったら、塩と胡椒で味を調整し、火を止めてから
 蜂蜜とレモン果汁を加える
4)皿に鶏肉を盛りつけたら、レモンとブロッコリーを飾る

                  レモンの酸味がとても美味しい一品に
                      圧力鍋がない場合は
                   コトコトとゆっくり煮込んでください
                   もっと美味しく仕上がると思います

           山芋とアスパラのジュノベーゼ

p-DSCN6679

              自家製ジュノベーゼソースは、オイルと塩を
                    控えめに作ったので
                生ハムで旨みと塩味を加えました
                   焼いた山芋、大好き〜

           鮭とじゃが芋とリンゴのチーズ焼き

p-DSCN6682

                急いでホワイトソースを作って
               全部じゃが芋だと、重すぎるので
                半分はリンゴにしました
              リンゴの酸味が、アクセントになります

           タコとトマトのマリネ

p-DSCN6677


           マグロとアボカドのサラダ

p-DSCN6678

            安いマグロを、塩麹とオリーブオイルで美味しく

                   合わせたのワインは
               ミュスカデ トレイユ・デュ・ロック 2013
                 薄い黄色の酸味が少し強いワインでした
                   和食にも合いそうです

p-DSCN6683


                  急いで写真を撮ってから、乾杯

p-DSCN6674

                  「今日も美味しかったよ」の一言
                     いつもありがとう

                    23日(火曜日)は祭日ですね
                秋の行楽にピッタリのお天気になりますように

                   ご訪問ありがとうございました
                     ランキングに参加しています
                 応援(下のバナーを3つクリック)していただけたら
                     とても励みになります(^_^)ニコニコ
                         ↓  ↓  ↓
                  
               レシピブログに参加中♪   人気ブログランキングへ 
 
                     mytaste.jp    
                   コメントを、お気軽に残してください
                ブログをお持ちの方には、ブログに訪問させていただきます  
                 お持ちでない方には、ぐーたらのブログで 
                        お返事させていただきます 

*2007年 第16回世界ベストシャルドネ・コンペティションで銀メダル獲得!

*淡黄色の色。ウッドとトーストのアロマ、背景にはレモンの香り。
フレッシュで非常にバランスの取れたスタイルで洗練されたシャブリ。
*シャブリ キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ エレーヴ・アン・フュット・ド・シェーヌ
 (ラウル・ゴートラン・エ・フィス、2010年)