毎年クリスマスの頃にお願いしている
                       成城の食卓のディナー
                    12月はとても忙しいそうなので
                    今年は11月に予約を入れました
                  今回も大満足のお食事はお菓子の後に


                   頂いた美味しいラ・フランスを使って
                 久しぶりにお菓子を焼いてみました♡♡♡

           ラ・フランスのタルト

p-DSCN7223

           ☆ 材料 ☆
ラ・フランス1個、レモン果汁、リンゴのジュレ(またはジャム)少し
    (タルト生地)
バター80g、砂糖50g、卵半分、薄力粉160g
    (アーモンドクリーム)
バター80g、アーモンドパウダー80g、コーンスターチ8g、砂糖60g、卵1個
ブランデー少し
    (カスタードクリーム)
砂糖15g、コンスターチ・薄力粉各大半分、卵黄1個、牛乳100cc、バニラエッセンス・
ブランデー各少し
           ☆ 作り方 ☆
1)タルト生地をつくります
 バターは室温で柔らかくしておく。薄力粉ははふるいにかけておく
 バターをクリーム状に練って砂糖を数回に分けて混ぜ合わせ、卵を加えて
 さらに混ぜ合わせてから、薄力粉を加えて混ぜ合わせラップに包んでねかせておく
2)カスタードクリームを作ります
 薄力粉・コーンスターチ・砂糖はふるいにかけておきます
 鍋に卵黄を入れて木杓子でかき回しながら牛乳を20cc加えて混ぜ合わせてから
 ふるっておいた、薄力粉などを加えます。
 残った牛乳を少し温めてから少しずつ加えて、滑らかになるまで加熱して
 冷めたらバニラエッセンスとブランデーを加える
3)アーモンドクリームを作ります
 バターは室温で柔らかくしておき、アーモンドパウダーとコーンスターチは
 一緒にふるっておく
 バターをあわ立て器で練ったら、砂糖を数回に分けて加えながら練る
 砂糖のガリガリ感がなくなったら、卵をほぐして何回かに分けて加える
 2のカスタードクリーム60gを加えてから、ブランデーを加える
 アーモンドパウダーとコーンスターチをさっくりと混ぜ合わせる
4)ラ・フランスの皮を剥いて、4つ切りにして芯を取り除き
 薄くスライスし、全体にレモン果汁を振り掛けておく
5)1のタルト生地を2つに分けて、厚さ4个曚匹某ばして、型に合わせて敷き詰め
 3のアーモンドクリームを敷いた上に、4のラ・フランスを飾る
 あれば、リンゴのジュレまたはジャムを塗る
6)160〜170度のオーブンで、25分〜30分ほど焼く
 

                  1回目はラフランスにレモン果汁を忘れて
              焼きあがった直後からラ・フランスが黒くなってしまった

p-DSCN7204

                  2回目は色止めに、レモン果汁と
                リンゴのゼリーをラ・フランスに塗ってから
                       成功です

p-DSCN7226

                 リンゴのゼリーは友人から頂いたもの
                   紅玉のエキスと砂糖だけで作ったもの
                    透き通った真っ赤な素敵なゼリー

p-DSCN7212

                    残ったタルト生地とカスタードを使って
                        こんなお菓子を

p-DSCN7266

                  柿とキューイフルーツのタルト
                ホイップクリームを作る時間がなかったのが残念

               では、成城の食卓のお料理をどうぞ

         北海道産の水蛸と焼きなすの白バルサミコ酢 

p-DSCN7230
                 添えたディルの香りも素敵
                  これは、真似っこしてみたい

           蝦夷鹿のカルパッチョ
p-DSCN7233

                   綺麗な赤色の鹿のもも肉
                 柔らくて臭みもなく、とても美味しい
                  酸化防止にレモンを使ったそうです
                 チーズは、ペコリーノ サルティーニャ

          ササミのカルパッチョの春巻き アイオリソース

p-DSCN7235

                アイオリソースとササミがベストマッチング
               スライスしたマッシュルームとアリーレッドと一緒に

           変わりカプレーゼ

p-DSCN7237

               緑のトマトとモッツレラチーズを櫛に刺して
                 アップルマンゴ+ビネガーのソースが美味しい
                   赤い実はザクロです

           カリフラワーのブリュレ

p-DSCN7239

                中にスモークサーモンが入っています
                    牛乳とガルムで

                 最初のワインは
             カヴァ・ペレグリーノ ブリュト (スペイン・シャンパン製法)

p-DSCN7238

                   ワインは2本とも持ち込みです        
                
           メカジキのトロ バルサミコソース添え

p-DSCN7242

                 生のメカジキのお腹の部分に
               白バルサミコ酢と茗荷の酢漬けを合わせて
              マグロのトロとは違うさっぱりした脂の美味しさ

      太刀魚のカツレツ トリュフとパルミジャーノ添え

p-DSCN7244

               太刀魚をカリッとしたカツに仕立てて
               トリュフとパルミジャーノをたっぷり
                      最高に幸せ

           鴨の低温ロースト ポルチーニ添え

p-DSCN7245

              加熱されたフレッシュポルチーニの、香りが素敵
                乾燥ポルチーニしか食べたことなかったので
                  ポルチーニ、こんなに大きなキノコです

p-DSCN7247


               ここでシェフから、パスタとリゾットどちらにしますか?と
                    パスタをお願いしました
           キャベツとアンチョビのパスタ

p-DSCN7248


              赤ワインは、シャトー・ド・ラ・コスト 2009

p-DSCN7241

              
                デザートは軽めにと考えてくださって
           フルーツマチュドニア

p-DSCN7249

               フルーツポンチのイタリアバージョン
             苺、梨、バナナ、リンゴ、キューイに砂糖をまぶしてから
                マラスキーノ酒を加えて

                   最後にお茶を頂いて
               ゆっくり3時間のお食事を終えました

                  ところが、最後の最後に
           ぐーたらは、テーブルの上のワイングラスをひっくり返し
                  何と、ワインの瓶に命中させて
                  割ってしまうというハプニング
                 話に夢中になり過ぎたかな(反省)

                 3連休中の方も多いと思います
                    幸いお天気は上々
                今日も、素敵な1日になりますように

                   
                  

                   ご訪問ありがとうございました
                   ランキングに参加しています
             応援(下のバナーを3つクリック)していただけたら
                 とても励みになります(⌒-⌒)
                       ↓  ↓  ↓
                
              レシピブログに参加中♪  人気ブログランキングへ
    
                   mytaste.jp  
                  コメントを、お気軽に残してください
             ブログをお持ちの方には、ブログに訪問させていただきます
                ブログをお持ちでない方には、ぐーたらのブログで
                   お返事させていただきます 

*本当に美味しいキアンティ、本当に美味しいオーガニックワイン
 キアンティ(オーガニック、カヴァリエリーノ、2010年)