今夜も!家飲み居酒屋

毎晩夫婦二人で家飲み!ワイン、日本酒、焼酎、紹興酒なんでもありの居酒屋です。超簡単料理も少し手の込んだお料理まで、一緒に楽しんでください!

2011年08月

    休肝日の恒例、「丼定食」
      牛丼
     l-DSCF0086
      紅生姜たっぷりがお好みなんです
     今回のお肉が少し固めだったので、圧力鍋に移して煮込んだら柔らかに
         
       ぐーたらは明日のお出かけのための準備
        同時にカレーも作っていたので、
         他の料理がおろそかに〜


       ナスのニンニク味噌炒め
      l-DSCF0089

          いつものナス炒めをニンニク味噌で味付け。
          ニンニクの香りが食欲を誘います〜
          炒めるときに、少しだけニンニクのすりおろしを加えるだけで
           良いとおもいます


       奴冷

l-DSCF0088


 FM放送で聞いた、「香草とナンプラーで、いつもの冷奴を一味変えて…」
        のレシピの真似をして
   そこに自家製食べるラー油をかけただけ!

    冷蔵庫から昨日の残りもの 山菜と鰊の煮物を後出し

l-DSCF0090


         みょうが、キャベツ、卵の味噌汁をつけて

l-DSCF0085


           定食の完成です〜★

         やはり、お酒のない日は気が抜けてしまうかも
            って、昨日も確か手抜きだった
               明日こそは

         遅い時間の夕食
           軽めのメニューで
        ぐーたらはお酒をちょっぴりお付き合い

  キノコの麩チャンプル
         作り方はこちら

         l-DSCF0075
      イカのゲソ京粕漬け
   (いつも素敵な食卓をブログに書いてらっしゃるmanngoさん が
        横浜そごう「魚久」で買ってくださっていたもの。粕の味がとても良い。)

l-DSCF0079


      ゴーヤの酢の物
     l-DSCF0074
    材料:ゴーヤ、きゅうり、しらす、
    甘酢(ぐーたらはやへりmanngoさんから頂いた「べんりで酢」を使用)
    作り方
    ゴーヤは薄切りにして、塩を入れて湯がき、しっかり水分を切り冷ます。
    きゅうりも薄切りして、ゴーヤときゅうりを甘酢で和えて、シラスを加える。
    みょうがの甘酢漬けを添えて
           肉じゃが

l-DSCF0076


       青森で買ってきた、山菜とニシンの煮物
      l-DSCF0078    

       炊き込みご飯
         l-DSCF0082

         ぐーたらは、いつもの時間に食事を済ませてから作ったので
            リキが入っていない食卓(手抜き)
          
          東京は午前中に35度を超えたところがあるそうだ!
              何もしたくないけれど、食事だけは何とか〜
            

l-DSCF0081


            ビールも飲み飽きたかしら〜
                明日から少し気温が下がるようです
                
              毎日の食事に感謝しながら
              






            



           

        午前11時から、友達が来てランチ。
     ピムスを飲みながらおしゃべり、お茶を飲みながらおしゃべり〜
      お開きになったのが、18時〜明るかったので分からなかった
               急ぎ夕食の支度
         
          むきエビときゅうりの炒め物
    

l-DSCF0064


           一番簡単な一品
            今回は、いつも素敵なお料理を作る
            manngoさんから頂いたチンタン・万能スープで味付けしてみた
        いつもは、鶏がらスープなのだが、これが優しい良いお味に仕上がり

          冷凍庫に作り置き保存してあった餃子

l-DSCF0068


           お友達から大きな自家製ゴーヤを頂いたので
          

l-DSCF0073


           中華風ゴーヤチャンプル〜
          

l-DSCF0066

 
           鮭の刺身の前菜
          

l-DSCF0067


            バター で鮭の刺身を両面を焼き取り出だす
             そのフライパンに紹興酒少しとナンプラー少しでソースを作り、
             切った鮭にかけて、最後に黒粒胡椒でがりがり。
               野菜は香草ですが、シソの葉や水菜など何でも。
             どこが中華風なのか               

           きゅうりの中華風漬けもの
           

l-DSCF0063


    お友達から頂いた、ベトナムのエビせんべいを揚げて
           

l-DSCF0062


           少し遅くなったけれど、何とか
 

l-DSCF0070


                乾杯
 
              津軽の旨いもん
                お土産編

          旅行に行くと必ず沢山買う、お土産です
              青森と言えば
             まずはのお菓子から
               今回一押しのお菓子
             ジャックとリンゴの木

l-DSCF0043

           

l-DSCF0044


             新青森駅で見つけた!イチオシお土産〜
                 賞味期限が短い
     原材料はりんご、生クリーム、豆乳、小麦粉、バター、卵、砂糖、
        アーモンド、レモン、バニラ、ベーキングパウダー、
          カルバトス(シードル(cider)から作る、蒸留酒)を使っている

     l-CIMG0806







l-CIMG0808

                         100%りんごジュースを使った
               スムージー(シャーベット?)
                         これも美味しかった〜
            らぷる
   

l-DSCF0032


          皮が甘くなくて、中身のリンゴも美味しいです

 
          弘前アップルパイガイドマップで見つけた
          かさい製菓のあっぷるぱい

l-DSCF0152


          ぐーたらは製造所まで行きましたが、リンゴ公園で買えます!
           日持ちさせるためか、少し甘めです
           かさい製菓のお菓子がもう一つあった
           あっぷるシンフォニー

l-DSCF0084


          一つずつ買えるお菓子を味見  

この中で断然美味しかったのは、右上のパティシエのリンゴスティック

l-CIMG0719
 

 秋田のお土産だけれど、試食して美味しかったのでつい買ってしまった
        

l-DSCF0028

             そのほかに
           リンゴたまり醤油
           

l-DSCF0027


            リンゴを使ったサラダドレッシング
          

l-DSCF0030

                    
山菜とニシン煮、棒たら煮
l-DSCF0022

 ニシンを食べましたが、味が濃くなく美味しかったです。

          ホタテ魚醤
              

l-DSCF0026

        

           にんにくみそ
           

l-DSCF0029


      六花酒造のさくらんぼのリキュールひとひら
          

DSCF0083

               最後まで読んでくださり、ありがとうございました
                  青森のお話は、今回でお終い
                あまり参考にならなかったら、ごめんなさい
                  また、お料理を見に来てください

                 1部 料理ブログ
 
                            
        ブルスケッタ・明太子タラモ・
        カッテージチーズと生ハムと胡桃のディップ

l-DSCF0047



            「久々にタラモサラダが食べたい!」とのご要望もあり

l-DSCF0054
l-DSCF0056
l-DSCF0055

 

          メインはソムリエさんが某所から頂いた
        神戸トアロードの冷凍ハンバーグ

l-DSCF0051


           レンコン・ナス・ズッキーニを添えて

            サラダは超簡単 野菜サラダ

l-DSCF0052


            カボチャのサブジ

l-DSCF0049


               U.A.Eからぐー息君が、ワインを持って来ました。
                レバノンの赤ワイン〜
             
Chateau Musar                  
l-DSCF0057

l-DSCF0058
               












                  香りが良く、バランスの取れたワインでした〜

            2部 旅行記
                 第5話

            朝からどんぶり飯
              青森魚菜センターで
             まず100円でご飯を買う
      あちらこちらの店で、お好きな刺身を買って乗せて、My 海鮮丼を作る
        どこの店のお刺身が美味しそうか、下見に一回り        
     カンパチ・マグロ・ホタテ・ヒラメ・ヒラメの昆布締め・イクラ・ウニ・ホヤ

l-CIMG0752


              これで900円プラスご飯で1000円丼

                 次はショッピングセンター「アウガ」地下の市場に
                   岩牡蠣がこの値段〜
l-CIMG0765


l-CIMG0763
































                 その場で1個食べることに
             どんぶり飯の後、お腹は一杯だけれど
            かなり塩味が強い甘みもあるプリップリ
              宅急便で自宅に送ることも考えた
                  でも、お店のお兄さんが、
       「お盆で宅配も遅れ気味なので、お盆を過ぎてからのほうが良いよ。
        岩牡蠣は8月いっぱい、食べられるから」と、とても親切なアドバイス
               納得です
             この日は最終日なので、とにかくお土産探し〜
                新青森駅まで行くことに
               お土産の話は、また次回〜

             3部 津軽の旨いもの
                  ファイル癸

            4日目のお食事は、津軽じょっぱり漁居酒屋
                  外見はこんな感じ〜
l-青森旅行(20110810)060l-青森旅行(20110810)059


































     
   一番最初に注文して、最後に出てきたサラダ

l-青森旅行(20110810)075


            注文を取り消した直後に出てきたけれど
               これがおいしい〜
        名前は確か「海鮮サラダ・魚醤ドレッシング?」みたいな
      イクラとウニが入っていて、ドレッシングがめちゃ美味しい〜
 ドレッシングについて、聞いてみたけれど、「企業秘密!」とごまかされてしまった
             どでかいホッケ

l-青森旅行(20110810)074


           

           みそ焼き

l-青森旅行(20110810)073


           これはしょっぱすぎて〜

      カニ味噌(う〜ん)・津軽漬け・莫久来(ばくらい)

l-青森旅行(20110810)071


          これは莫久来ではなく、ホヤの塩辛だったかも
           ホタテの貝焼き味噌

l-青森旅行(20110810)066


           ホタテが小さくて、卵が煮えすぎ!

           突き出しの豚キムチ

l-青森旅行(20110810)061

            中身の写真がぼけて〜
l-青森旅行(20110810)063


            お酒はやはり、「じょっぱり」で

l-青森旅行(20110810)072

                     2合は入っている
                
               今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました
                  青森のお話も、あとわずか。
                   明日も読んでくださいね
















  

                       1部 料理ブログ



                                 きのこのニンニク味噌炒め
           

l-DSCF0038


材料:きのこ(シメジ・舞茸)、しし唐辛子3本、ニンニク1片、ニンニク味噌小1、塩・胡椒各適量、バター10グラム、油少し
作り方
1)きのこは洗って、小房に分ける。しし唐辛子は半分又は3分の1に切る。ニンニクは細切り。
2)フライパンに油を少し入れて、しし唐辛子を塩を少し振って炒め、取り出しておく。
3)同じフライパンに、バターとニンニクを入れ、弱火で炒める。きのこを加える。
4)ニンニク味噌を加えて、塩・胡椒で味を整えたら、2のしし唐辛子を加える。

                                 今夜は居酒屋メニュー
                                        鮭とアボカドの和風カルパッチョ
                   

l-DSCF0037


                                  タンドリーチキン
                           

l-DSCF0039


                          スイカの皮の漬物
            

l-DSCF0036


           ナス素麺
           

l-DSCF0041


           manngoさんのブログ(7月22日)で美味しそうだったので、
              いつか作ってみたいと思っていた素麺
           でも、レシピが良く分からなかったので、ぐーたら流で
        l-DSCF0040

         


        

             2部 旅行記
                 第4話

           今回は、青森から五所川原に向かいます
            「五所川原って、何もないじゃない
           いえいえ、立佞武多(たちねぶた)があります
                そして、吉幾三さんの出身地なんですよ
        「斜陽館」もあるし、「十三湖のばば」の舞台でも有名なんです
     立佞武多会館の隣にある鮮魚市場マルコーセンター(津軽の旨いものファイル参照)。
           地元のスーパー大好きぐーたら
            駐車場に入れて、中をのぞくと
          

l-CIMG0674

           トレー一杯で1000円ですから
           

l-CIMG0679


           

l-CIMG0686


               美味しそうな魚が〜
             しかもそこで食べられとか〜
            でもまだお腹が空いていない〜
            目的地「斜陽館」に行った帰りに、もう一度寄ることにして
         

             まずは「斜陽館」太宰治の生まれた家へ
           

l-青森旅行(20110810)043


          

l-青森旅行(20110810)030


              一時期は旅館として使われていた
             それほど広い屋敷。内装も庭も見事です
   「雪が少し積もると、また違った風情がある」とマルコーセンターの方が教えてくださいました



             3部 津軽の旨いもん
                  ファイル4

                 ホヤ
l-CIMG0675



    立佞武多会館の隣にある、鮮魚市場マルコーセンターでみつけた、旨いもの

          ご飯はないとのことなので
       コンビニでレトルトご飯をチンしてもらい
         再び行くと「お帰りなさい〜」って

           サザエの刺身(確か1個150円?)
            

l-CIMG0716


           その場で切り方を見せてもらった、ホヤの刺身
           

l-CIMG0715


             細切り昆布のように見えるけれど「めかぶ?」
            これがポン酢で食べるとしゃきしゃきしていて超美味しい〜
           

l-CIMG0713


           ホタテの刺身
           

l-CIMG0717


          味付きホヤ
           

l-CIMG0718


            これら全部で750円程だったと思います
          ホヤは刺身でも、味付けでも、塩辛でも美味しい〜
             勿論サザエも美味しいですよ
               
             今日も最後まで、ありがとうございます
               津軽の旨いもの、まだまだ続きます

               1部 料理ブログ


           バテ気味なので、うなぎ丼定食〜
     

l-DSCF0021


           うなぎ丼、肝吸い付き
           

l-DSCF0017


           ナスとしし唐辛子の煮浸し
            

l-DSCF0018


           カボチャの煮物
            

l-DSCF0019


           豆腐
           

l-DSCF0020


       自分の料理は簡単に済ませて次! 

            2部 旅行記
              第3話

    ぐーたらは、もう30年近くこの醤油を使っています。 
    ピーアンドディーカワムラの「りんごたまり醤油」
      

l-DSCF0034


     リンゴを入れることで、減塩でも美味しい醤油
     ぐーたら、煮物はこの醤油を使うと美味しく出来ると信じています。
         この会社が弘前にあります。
     会社の方とは電話やインターネットでの注文のみのお付き合いです。
      そんな面識のないぐーたらの「会社訪問をしたい」との突然の申し出を
            快く受けてくださいました。
      そして、社長の川村様から醤油つくりなどのお話伺いました。
        川村社長様、奥様本当にありがとうございました。  
      
          お土産用の小さな醤油
          

l-DSCF0027


           会話の中で、日本酒「じょっぱり」の話題になり
       製造元の六花酒造がすぐ近くにあると伺い、行ってみることに。

        夏なのでお酒は造っていませんが、工場見学をさせていただきました
         見学者は二人だけなので、色々なことを聞きながらの見学です。
              

l-青森旅行(20110809)019
l-青森旅行(20110809)014


       日本酒をもって帰るのは難しいので、さくらんぼのリキュールを1本
       

l-DSCF0024


       説明してくださった方が、さくらんぼを毎年取ってくるのだそうです。
          このリキュールでどんなカクテルが出来るか楽しみ
             お菓子のレシピも考えてみたいですね。

          六花酒造の皆様ありがとうございました。


             3部 津軽の旨いもん
                  ファイル
         夕食は、ホテルの方に教えて頂いた、美味しいお店
              「三ッ石」 
             注文は〜
                
            貝柱のかき揚げ
         

l-DSCF0142


       東京で売っている貝柱より、ず〜っと大きい

          三ッ石のホタテ貝焼き味噌
          
 生のまま出てきました。火が通ったら、卵は自分で入れます
            

l-DSCF0136


l-DSCF0140

           

l-DSCF0144


          長ネギ・シメジ・エリンギが入っています

   砂肝の大蒜焼き・角煮・莫久来(ばくらい)・酢の物とビール

                           

l-DSCF0149


l-DSCF0145

l-DSCF0141


l-DSCF0134

 

                
           辛口の「じょっぱり」でない地酒を飲んでみたけれど…
                

l-DSCF0135


              やはり「じょっぱり」が美味しい〜

          今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
              明日も来てくださると、ぐーたらは幸せです

          東京はただただ暑い!夜になってもまだ暑い!

                  1部 料理ブログ
     
             鶏肉と夏野菜のアンチョビガーリック炒め
               

l-DSCF0012


材料:鶏もも肉100グラム、ズッキーニ半分、トマト1個、玉ねぎ4分の1、赤パプリカ4分の1、アンチョビ1尾、ニンニク1片、鷹の爪1本、オリーブオイル大1、塩・胡椒各適量
作り方
1)アンチョビ・ニンニク・鷹の爪はみじん切りにする。玉ねぎはあらみじん切り。鶏もも肉は2センチ角に切る。ズッキーニ・パプリカは1センチ角に切る。トマトは湯むきをして4-5センチに切る。
2)フライパンにオリーブオイルを入れ、弱火でニンニク→アンチョビ→鷹の爪を炒める。
3)玉ねぎを加えて、透き通ってきたらズッキーニ・パプリカを加える。
4)トマトを加えたら、塩・胡椒で味を整える。

     けの汁のまねをして、野菜や肉を小さく切って、トマトの水分で煮ました
            スプーンで食べます〜(これも真似)
              食べやすくて、美味しい〜
            具沢山のトマトスープのよう
             ナスを入れても良かったかな

               これらは全て昨日の食卓
 
          アボカドとスモークサーモンの前菜
        l-DSCF0013


                  ホタテのカルッパチョ
                    

l-DSCF0008


              カボチャとリンゴの胡桃入りサラダ
               

l-DSCF0011

 
              ツナとオクラの冷製パスタ
           

l-DSCF0010

                  
             白ワインは マルキドボーラン シャルドネ
                  

l-DSCF0016




                         2部 旅行記
                           第2話

                     8月8日の弘前は朝から暑かった
                       目的地は奥入瀬渓谷
                   ここもあまり、リサーチしていなかった
                        2-3時間歩く予定
                  十和田湖でソムリエさんが見つけたのはこれ
                  

l-青森旅行(20110808)016


                       サイクリング〜
                     確かにこの方が速い…
            と言うことで、車を残して電動アシストサイクルに乗り換え
                    帰路は上り坂が続くので

                 車よりはずっと止めやすいかったけれど、
               車が多い国道を走らなくてはいけないのは残念
           ぐーたらは毎日ママチャリで何キロも走っているから、楽勝
                    

l-青森旅行(20110808)037

 
            奥入瀬渓谷はとても素晴らしい景色
    滝、急流、穏やかな流れ。場所によって全く違う景色にただただ感激。
       近くのホテルに滞在して、時間をたっぷり取り、歩くのが一番かも〜
            

l-青森旅行(20110808)028



                   3部 津軽の旨いもん
                        ファイル癸

                     莫久来(ばくらい)

l-DSCF0130


           ほや貝とこのわた(ナマコのワタ)で作った塩辛
             ほやの塩辛の2倍以上のお値段
 「このわたは小さくて貴重なので、値段が高いのは仕方ないし、味も全然違う」
            と教えてくれたのは市場のおじさん。
        めちゃ美味しい〜お酒好きな方は、一度食べてみてください


         地元の方のブログで紹介されていた「海凪」
  「その日に水揚げされた魚のみを漁師から直接仕入れている」と言うだけあって
                刺身は新鮮!
     お任せにしたら、煮魚が2つ出てきたので、お任せはやめて自分で注文。
         カウンターに席を取ったら、もう少し違っていたはず。

                刺身の盛り合わせ

l-DSCF0126


              「海凪」のホタテの貝焼き味噌

l-DSCF0131


                やはりホタテが新鮮
 
                  煮魚

         

l-DSCF0129


                    焼きそば(黒石の?)
               
l-DSCF0132

                   突き出しのシジミ汁
             
l-DSCF0124


          l-DSCF0122               メニューとお酒のリスト

   
l-DSCF0123
                      
        お酒はやはりじょっぱりを注文
   今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました
          明日もお楽しみに〜
            


            11日の夜23時過ぎに青森から帰って来ました〜
                よく遊び、よく食べた5日間!
                      少しの間
                                1部      料理ブログ
                           2部      旅行記(訪れた場所)
                    3部    津軽の旨いもん(食事やリンゴのお菓子の話)
              の3部構成で、何回かに分けて少しずつ書いていきます。
         最後まで読んでくださるとうれしいです〜


                     1部   料理ブログ 

                   ホタテの貝チーズ焼き味噌
      

l-DSCF0015


材料:ホタテの刺身3個、エビ2尾、シメジ・舞茸各少し、長ネギ少し、A{味噌小1強、バター10グラ
ム、酒又は白ワイン大1、大蒜すりおろし小1片分、胡椒少し}お好みのチーズ適量
作り方
1)長ネギは縦半分にして、細切り。シメジ・舞茸は食べやすい大きさにする。エビは殻と背ワタを取り除き、縦半分に切る。ホタテには十字に切り込みを入れる。
2)バターを溶かして、Aの味噌や他の調味料とあわせておく。
3)貝殻(又は耐熱容器)に長ネギ、シメジ、舞茸を乗せ、その上にホタテ・エビ・チーズを乗せる。
4)オーブン・グリル・トースターなどでチーズが溶けるまで焼く。
    (ぐーたらはトースターで7分ほど焼きました)

             焼きたてはすっごく色がよかった〜
            すぐに写真を撮らなかったのが失敗!
         これは津軽の郷土料理、ホタテの貝焼き味噌のぐーたら流
           本当は卵でとじるのだけれど、チーズにしてみました〜
           味噌とチーズは相性がよいので、OKだと思いますよ
    味噌の味によって分量がかなり違いますが、味噌を完全に溶かすのがミソ!
               (味がかたまらないように)

  

                2部 旅行記 
              第1話

       ねぶた祭りはぐーたらの下調べが不十分だったために、ちゃんと見られなかった
   ねぶたは青森のねぶた祭り、弘前のねぷた祭り、五所川原の立佞武多祭りがあるんです
                そんなことも知らずに出かけてしまった
         ほぼ同じ期間に催されていているのですが、みなそれぞれ違う祭り。
                   青森も弘前も7日が最終日。
             ぐーたらが青森空港に着いたのは7日の朝9時。
         弘前に着いたら、朝から11時ころまでで終了と言われて〜
                  もう11時近いし〜
                 とにかく走って走って
          一番最後の列に追いついたのは、祭りのゴール弘前城前
               

l-青森旅行(20110807)002


          

l-青森旅行(20110807)006


                そこで色々話を聞くと、青森のねぶたは夜もある
                  けれど、最終日は花火と海上運行〜
            それでも見に行かなくてはと、急ぎホテルにチェックイン!
                      持ってきた着物にお着替え
                       ソムリエさんは浴衣
                       急ぎ車で青森に〜
 はじめての土地で、方向も分からず、ただただナビに従って駐車場を探して、いざねぶた祭りに
          花火はとても綺麗だったけれど、ねぶたは海上はるか遠く、小さく見えるだけ
                 太鼓の音と掛け声が聞こえるだけだった〜
               皆さん、旅行の前の下調べはきちんとしましょう
             

l-青森旅行(20110807)052


           *言い訳=7日以前はどうしてもホテルが取れなかったんです!
              でも、お料理ブログですから、食べ物情報は満載です!
   
                
                 3部    津軽の旨いもん   
                           ファイル癸
                         ホタテ貝焼き味噌

l-DSCF0109

                      ホタテ貝焼き味噌
          l-DSCF0101 上の料理はこれをぐーたら流にしたものです
1晩目は居酒屋「わいわい」
JR弘前駅からすぐのところにある
お酒は地酒の「じょっぱり」

l-DSCF0104

                   










                 突き出しはタコと野菜の酢の物
                

l-DSCF0096


             注文はメニュー・津軽の郷土料理から
            郷土三種盛り(細もやしのいり煮、ふきとイカの煮物、もう一つ忘れた!)
     

l-DSCF0097


                イカのゴロ焼き(残念ながら味が濃い!)

l-DSCF0099

                        けの汁
(野菜が細かく切ってある汁。「小正月で忙しい時に、主婦が作りおきしていた料理」だと、後にタクシーの運転手さんから聞いた)

          l-DSCF0098


                カウンターで料理人と話しながら、メニューを決めて〜

l-DSCF0100


                       ボタンエビとタイの刺身

l-DSCF0102


                   マグロの塩〆
         (マグロに少し多めの塩をして、しばらく置き塩をぬぐったもの。
              生ハムのイメージで作ったものらしい。ゆず胡椒でいただきます)

l-DSCF0107


              イカのゴロ焼きがしょっぱかったので、白いご飯と一緒に
                   これなら、美味しい〜


           お値段がリーズバブルで、お料理も酒も美味しかった〜
          お刺身は、夏のためか?鮮度はよくても味はいまいちなのが残念
              
                   明日をお楽しみに!
              最後まで読んでくださり、ありがとうございました

            8月7日(日曜日)から11日(木曜日)まで、青森旅行
                その間、ブログのアップが出来ません。
             帰ってきましたらまた、青森の食事やお土産を紹介しますね。
               そして、皆さんのブログにまた、訪問させていただきます

l-DSCF0066

            旅行の前に、冷蔵庫の中を空っぽにしたかった
                野菜が、かなり沢山残っている
             2日ほど、ちゃんと食事を作らなかったので
                  その分残っているような
        

                 まず 野菜たっぷり豚冷しゃぶ
                

l-DSCF0078


                

l-DSCF0077


                  練りゴマのたれにマヨネーズを加えた

              

l-DSCF0068


                  ゴーヤと鶏ささみの和え物
                                

l-DSCF0070


     材料:鶏ささみ1本、ゴーヤ4分の1、練り梅・昆布茶各適量、鰹節・すりゴマ各少し
     作り方
     1)ゴーヤは薄く切って、塩もみして水分をしっかり切る。
     2)ささみは、蒸すか茹でてから小さめに裂いておく。
     3)練り梅に昆布茶を少し混ぜておく。
     4)ゴーヤ、ささみを3の練り梅で和え、皿に盛ったらすりゴマ・鰹節を飾る。


                   シメジのバター醤油炒め

     

l-DSCF0069


                           鮭の京粕漬け
           

l-DSCF0074


              manngoさんが横浜そごうで買っておいてくださった粕漬け
                粕の味もよいし、魚もすごくよく美味しい〜

                     豆腐のスープ
            

l-DSCF0079


                  厚揚げを作ろうと思っていたのに
                       忘れていた…
                   仕方なくスープに入れて
                  その分味が薄くなってしまったけれど
 

                   デザートはメロンと桃のゼリー
           

l-DSCF0082


              果物がかなり残ってしまって、お昼にも食べたのだけれど
                それでもメロンが半分、桃1個が残った
                      そこで、ゼリーに
                 時間が足りなくて、ゼリーというより、ジュレのよう

               
                 l-DSCF0076 


 では行ってきます〜

このページのトップヘ