沢山頂いた筍
和洋中、色々な味で日々楽しんでいます
前回のローマ風カツの日は
ワイン料理でした
そんなワイン飲みの日の
筍料理は\(@^0^@)/

筍のステーキ
p-DSCN7102
☆ 材料(2人分) ☆
茹でた筍400g、バター20g
塩・胡椒各少し
飾り(山椒の葉1枝)
☆ つくり方 ☆
1)筍は1.5cmほどの厚さに切る
2)フライパンにバターを溶かし
 筍に焦げ目がつくまで中火で
 しっかり焼き付ける
3)皿に取り出し塩・胡椒をふり
 山椒の葉を添える

筍は下の少し硬い部分と
穂先の柔らかい部分両方を使いました

バターで焼くだけですが
「旨い」とソムリエさん
油との相性が良い筍
ワインにもピッタリでした

ツナの粒マスタードサラダ   パプリカのマリネ
p-DSCN7103p-DSCN7104

ローマ風カツ     バゲットinカマンベールチーズ
p-DSCN7101p-DSCN7105

ワインは
ピノ・ノワール ヴューザルケ 2017
(ジャン・ヴァンサン・フレール)
p-DSCN7098

赤ワインが飲みたかった
p-DSCN7099

外出自粛で運動不足
そろそろ自主練をはじめようかと
ヨガマットも綺麗にしたのですが
時間があるようで…
あるはず…
明日(13日)は荒天予報
こんな時こそ
普段なかなか出来ないことしなくては

レシピブログとブログランキングに参加しています!
2つのバナーをクリックしていただければ 
とても励みになりますので 
よろしくお願いします(^_^)ニコニコ
    ↓  ↓  ↓ 
                     

ありがとうございました♡
お料理の感想や質問など
コメントを、お気軽に残してください
ブログをお持ちの方は、ブログを訪問させていただきます
お持ちでない方は、このブログでお返事
させていただきます