今夜も!家飲み居酒屋

毎晩夫婦二人で家飲み!ワイン、日本酒、焼酎、紹興酒なんでもありの居酒屋です。超簡単料理も少し手の込んだお料理まで、一緒に楽しんでください!

カテゴリ: デザート

   抹茶の寒天(16×14の容器)
 m-DSCF6740材料:抹茶大1、牛乳1C、砂糖60グラム、粉寒天4グラム、あんこ200グラム、桃缶1個
 作り方:1)抹茶と砂糖を少し大きめの入れ物に混ぜておく。2)水1.5Cに粉寒天を溶かし、弱火で寒天が溶けるまでよくかきまぜる。3)牛乳を加えさらに煮立たせる。火を止めたら1の抹茶の中に2を少し入れて抹茶と砂糖を良く溶かしたら鍋に戻す。4)容器にそーと抹茶寒天を1センチほど流しいれ、粗熱が取れるまで待つ。5)少し固まったら、あんこを均等に乗せる。6)その上に残りの抹茶m-DSCF6741寒天を入れる。7)粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて、1時間以上冷やす。8)缶詰の桃をスライスした上に固まった抹茶をのせる。

 今回はたまたまマンゴソースを買ったばかりなので、上にかけてみました。生クリームでも良いですね。
あんこは缶詰やパックで市販されているものを使えばより簡単です。(ぐーたらは自作のあんこを冷凍していたものを使いました)
 抹茶は今小さなパックで、安いものがスーパーで売っています。余った分は普通のお茶にほんの少し入れると、抹茶入り煎茶になります。市販のものよりずっと美味しいお茶になることは確実!抹茶の保管は必ず冷蔵庫で。

     グレープフルーツゼリー
 m-DSCF5783材料:グレープフルーツ(ピンク)1個、グレープフルーツジュース370CC、グラニュー糖70グラム、レモン汁大1、コアントロー大1(オレンジリキュールやグランマニエでも良いです。もちろんなくても大丈夫)、粉ゼラチン10グラム
 作り方:1)グレープフルーツは皮をむいて、薄皮も取り、身を2つ位に割っておく。2)粉ゼラチンはジュース70CCに入れてふやかしておく。3)ジュース300CCにグラニュー糖・レモン汁・コアントローを入れ溶けるまでよくかき混ぜる。4)ふやかしておいたゼラチンを湯せんにかけて溶かし、完全に溶けたら先ほどのジュースに素早く混ぜ、型に流し込みます。5)固まらないうちに上手にグレープフルーツを入れていきます。

 暑い日には冷たいゼリーがうれしいこのゼリー、コアントロー(お酒)が入っているため「少し大人のゼリー」になります。
 ゼラチンをふやかすときに、グータラは金属の200CC計量カップ(100円ショップで売っているあれです)でジュースの分量を計って、その中にゼラチンを入れ、そのまま湯煎します。ゼリーの型は何でも良いです。今回は切り分けずに済むようにガラスのデザートカップで作りましたが、タッパー大きく作って切り分けたり、スプーンで取り分けたりできます。また、少し大きなプリン型でひっくり返しても楽しそうーはずす場合は容器をあらかじめ水で濡らしておくとよいでしょう。
 残念ながら今はグレープフルーツの美味しい季節ではありません。フルーツ缶詰で代用したり、少しゼラチンの量を減らして、柔らかフルーツゼリーにしても美味しそうです
 
 すっかり夜中になりました。本当はご飯メニューも書きたかったのですが,,,。宵っぱり、朝寝坊のぐーたらには午前中の更新は絶対不可能夜に書くしかないのですが、それがまた朝寝坊の原因になり,,,いつまでたっても朝の普通の時間に起きられない

 

   中華風刺身サラダ
 m-DSCF6496材料:タイの刺身1サク、大根10センチ、人参3分の1、きゅうり1本、セロリ2分の1、みょうが1個、長ネギ2分の1、香草1枝、、ワンタンの皮4,5枚、ドレッシング{醤油大3、レモン汁大4、ピーナッツ油または胡麻油大4、ピーナッツ2,30グラム、コショウ多めに(あれば黒粒が良い)
 作り方:1)香草以外の野菜は全て長さ5,6センチの細切りにして、冷水に入れしゃきっとさせる。2)ピーナッツはすり鉢でする。3)ドレッシングを合わせてる。4)ワンタンの皮は中温でからっと揚げておく。5)刺身を切る。6)野菜の水分をしっかりとり、皿に盛る。7)その上に刺身を盛り、香草の葉先をつまんで飾る。8)ワンタンの皮を割りながら飾る。

 昔お祝いの席が中華料理店であり、その時に中華でも刺身が出るのだとびっくりした記憶があります。今回はそれらしいものを作ってみましたが、ドレッシングにまだまだ改良の余地がありそうですまたワンタンの皮がなかったので、今回はシュウマイの皮で代用
暑い日は餃子とビール、思わず浮かんでしまいますでも出来ればレシピを書きたいので、新しい料理も作ろうと思ってはいますが、何しろ時間がかかってしまう,,,今回も肉団子のもち米蒸をつくる時間がなくなってしまいました。ガッカリ
 メニューは中華風刺身サラダ、餃子、棒々鶏、きゅうりの漬物、中華おこわ。
ビールは勿論、やはり中華の時は紹興酒
m-DSCF6494m-DSCF6495m-DSCF6497m-DSCF6498m-DSCF6493

   カツオのたたき(二人前)
 m-DSCF6410材料:カツオ4分の1(背でも腹でも良いのですが、皮つき)、玉ねぎ2分の1個、シソの葉3枚、みょうが1個、小ネギ2本、生姜1かけ、にんにく1かけ、ごま油大1弱、ポン酢適宜
 作り方:1)玉ねぎは薄切りにして、15分ほど水につける。2)シソの葉とみょうがは細切りにする。3)生姜はすりおろし、にんにくは薄切り、小ネギは3ミリ幅に切る。4)玉ねぎの水を切り、ペーパータオルでしっかり水分を取り、シソの葉・みょうがと合わせてから皿に盛る。5)あれば保冷剤の大きなもの(氷枕でも)とキッチンペパーを氷水に入れてたものを用意しておく。6)カツオが入る程度の平なフライパンにごま油を入れ、にんにくを弱火でほんの少し色ずくまで揚げて取り出す。7)フライパンをそのままにして、中火強にして、皮の方からかつお入れて、面を変えながら全体の色が変わるようにさっと焼く(全部で1分ほど)。8)氷水からペーパーを出し、しっかり絞ったらカツオを包み、保冷剤の上で冷ます。9)冷めたカツオを1?幅に切り、玉ねぎの上に盛る。10)ポン酢を全体にかけて、カツオの上に揚げたニンニクとショウガのすりおろしを乗せる。

 皮つきのカツオがあったのでたたきにしました。ぐーたらの家はオール電化住宅で、調理器具もIH。チャーハンでフライパンを振ったり、カツオを串にさして表面をさっと焼くことは出来ません。去年はグリルでたたきを作ってみたのですが、火が入り過ぎます。そして今回はフライパンで作ってみました。火であぶったものとは違いますが、味は結構 玉ねぎの水分をよく取ること、カツオを氷水に取らずに冷ますことがポイントです。冷たいペーパータオルで巻くことで、ごま油はかなり取れます。
IH調理器は揚げものをする時でも、ペーパーを横に置いても大丈夫ですし、何より掃除がとても簡単なのが気に入っていますが、チャーハンやたたきなどの調理には不向きです。でも今回の作り方なら失敗なく出来ることが分かりました
メニューはカツオのたたき、ほうれん草と豚肉の炒め物、冷やしナス、イカとアスパラの胡麻マヨネーズ和え、大豆ハンバーグ(鎌倉小町)、枝豆、じゃこおにぎりと味噌汁でした。
お酒は勿論冷たい一の蔵です
m-DSCF6415m-DSCF6413m-DSCF6411m-DSCF6412m-DSCF6414m-DSCF6409

 鶏もも肉の山椒風味(二人前)
  m-DSCF6144材料:鶏もも肉1枚、粉山椒小2分の1、長ネギ2分の1本、みず菜30グラム、油、小麦粉
たれ(醤油・みりん・酒各25CC、砂糖大・生姜しぼり汁各大2分の1)
 作り方:鶏肉は余分な脂を取り、塩、山椒をふり、小麦粉を薄くまぶします。長ネギ(細切り)・みず菜は3センチに切ります。たれの材料を合わせておきます。フライパンに油を入れ鶏肉を皮の方から中火で焼きます。皮がパリッとなったら裏返しさらに焼きます。火が通ったらたれを入れ強火でからめます。食べやすい大きさに切って、野菜とお皿に盛ります。
  アジのたたき香草味
 m-DSCF6143材料:アジ2匹、みょうが1個、小ネギ3本、シソの葉3枚、生姜大1かけ
 作り方:みょうが、小ネギ、シソの葉、カイワレ大根
作り方:野菜はそれぞれ小口切り(カイワレは半分)に生姜はすりおろしておく。野菜に生姜を半分入れ混ぜ合わせます。アジは3枚におろして皮をむきます。(魚屋にお願いした方が簡単です)アジを刺身より薄く切り、野菜と混ぜ合わせ、最後に残った生姜を飾ります。

 暑くなるとさっぱりしたもの、生姜やネギ、にんにくのようなものが食べたくなりますよね。そこでおすすめがアジのたたきです3枚におろしてもらってあれば超簡単ですから。鶏もも肉の山椒風味(これはまたまた上沼恵美子のおしゃべりクッキングからです。本当は木の芽を最後に乗せるのですが、今日はありません)たれはすべて絡めないで、少し残し別容器に入れました。そうすることでそれぞれが味を調整出来ますし、野菜にドレッシングのように使うことも可です。
メニューは鶏もも肉の山椒風味、アジのたたき、揚げ豆腐、おから、枝豆。お酒はビールと日本酒の一の蔵
今夜は緑黄野菜がたりませんでした
m-DSCF6146m-DSCF6142m-DSCF6145m-DSCF6147m-DSCF6140

 久々の赤ワイン、インク・スッポト(南アフリカ)です
ワインの選択はソムリエさんの役割で、私が色々書けないのが残念です。ソムリエさん早く登場してね
 メニューはサーモンとアボカドのマリネ、鶏肉の煮込み、リンゴとソーセージの炒め物、ズッキーニとナスのトマトグラタン、パエリアです。
 マリネは市販のスモークサーモンとアボカドをレモンで色止めしたものの上にドレッシング(塩、胡椒、レモン大2、オリーブオイルC2分の1、チリパウダー、玉ねぎのみじん切り大1、ケッパー大1を刻んだものを混ぜたもの)をかけただけ。
 グラタンは前に作ったトマトソースが残っていたので、ズッキーニとナスをオリーブオイルで炒めたものと重ねて最後にピザ用チーズを乗せて焼いたものです。
 パエリアは市販のパエリアソース(マスコットフーズ)を使っています。フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れエビ、イカ、あさりを入れて白ワインで蒸します。具を取りだし、残った汁は取っておきます。そのフライパンで玉ねぎとニンニクのみじん切りを炒め鶏肉の一口大を入れます。米(我が家は無洗米なのでそのままづすが、普通のお米ならば洗ってざるに上げて乾かしておけばよいと思います)2合を炒めます。鶏肉を取り出し(お米が少し着いていても良しです)、炊飯器に米を入れて先ほどの蒸し汁とパエリアソース、水で水分量をいつもより水分少なめに調整します。鶏肉も炊飯器に入れてスイッチオン。炊飯器で炊けたらフライパンに取り出し、赤・黄・緑ピーマンを飾ってオーブンで10分ほど焼きます。最後に蒸してあるエビ、イカ、アサリ、レモンのくし切りをのせて終了
 赤ワインと言うと重ーい肉料理というイメージですが、ハーブや辛味を加えると鶏肉や野菜でも結構いけますよ
 そろそろバジルやパセリの種をまく季節になりました。今のパセリは100円で買った苗ですが、これからは種を蒔いて育てます。ハーブはスーパーで100円ほどで買えます。でも本当に必要なのは1,2枝のみ。プランターで育てられれば料理の楽しみも倍増です
m-DSCF5979m-DSCF5980m-DSCF5981m-DSCF5982m-DSCF5983m-DSCF5978

このページのトップヘ